まっとうな意見を出しても答えを導けない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 30 10月 2014 8:35 AM

問題を解決するミーティングに

「正論」

を言う人がいます。

まちがっていないけど、現状把握を

正確にしただけで、なんら解決への導きに

なっておりません。

残念ながら、創造的なところから

遠ざかっていることになるのです。

どうして、こうなるのか?

それは、「答えを持っている」人の発言が

このような正論になるのです。

しかし、ビジネスでは、「答えを持っている」ことが

マイナスになるのです。

なぜなら、「将来の顧客」は「過去の顧客」と違うからです。

過去の解答が将来の解答になるとは限らない。

正論が将来は正論ではなくなっている、という意識が

欠けた瞬間に、現場から取り残されているのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11