4つのCを身につける

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 30 11月 2017 7:03 AM

仕事を学ぶ時に、方向性を知っておくと

無駄がありません。

何を学んだらいいのかがカギになるからです。

資格を狙うのもわるくはありません。

ただ、資格だけで一気にレベルアップする

ことはあまりないので期待値を大きく持たないことです。

というのも、資格の優位性は過去と将来で

違うからです。

将来有効な資格であれば問題ありませんが

そうでないものも多々あるので見極めが

必要です。

資格以外の仕事のスキルについても

どこから学んだらいいのか、わかりにくい

ものです。

下記に抜粋した内容を記しておきます。

必要なスキルの4Cです。

①クリエーティビティー

②クリティカル・シンキング

③コミュニケーション

④コラボレーション

こうした指針を元に勉強していくことです。

そうすると無駄なく進むことが可能です。

予想の3倍

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 29 11月 2017 8:13 AM

鳥取砂丘で行われた「ポケモンGO」のイベント。

予定では3日間で3万人でした。

結果、8万7千人!

実に3倍。

砂丘に人が溢れたそうです。

実際に知人が私のところに写真を送付して

くれました。

それにしてもポケンモンGOの集客力は

想像以上のものがあります。

このゲームはリリースされてから1年半が

経とうとしていますが今でも人気があることが

実証されました。

ポケモンGOは位置(情報)ゲームというジャンルになります。

外に出て動きながらゲームをすることになるので

親子で一緒にゲームをしたり、連携したりする

ことができる、というわけです。

こうしたイベントで再度ゲームを開始する人も

出るかもしれません。

休眠顧客を復活させるイベントとして効果が

大きいとも言えます。

 

 

【出典】

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00377588.html

時間の使い方で活動量2倍

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 28 11月 2017 8:12 AM

時間の使い方で仕事量が大幅に

違うことは理解されていますが

実行できている人は少ないように

感じます。

明日の予定、今週の予定、今月の予定を

確認しながら仕事をしているかが

カギになります。

時間は限られるので、どの仕事にどの程度

時間を割くかをあらかじめ決めておくことです。

これを、面倒な作業だと感じていると

なかなかやりません。

思いつき、いつもと同じことをしていると

時間はあっという間に過ぎ去ってしまいます。

年齢を重ねると、あらためて感じるはずです。

ああしておけばよかった、こうしておけば

よかったと振り返るのです。

時間はなんとなく過ごしていても進んで

しまうので意識が必要です。

仕事している8時間だけでいいので意識する

ことです。

何を優先させるのか順位をつけるだけで

活動量は増えます。

先日も時間術をお伝えしたら翌月から

活動量が2倍になった人がいます。

やっていること、スピードはあまり変化は

ありません。

ただ、段取りを変えただけです。

たったそれだけで2倍になるのです。

しかも増える前の活動量も人の1.5倍は

やっていたので平均の3倍まで増加していることに

なります。

こうした結果を見ると時間がいかに大切な

ものなのかを感じます。

仕事の時だけでも時間を大切にしたいです。

 

————————————————————–

計画的陳腐化

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 27 11月 2017 9:03 AM

商品の耐用年数ではなく、商品価値を

上げるために毎年商品リニューアル

しているのがスマホ業界。

実際には数年使用できるのにも関わらず

最先端技術を盛り込むことで

新しい商品を投入していきます。

最先端技術を取り入れることで

スマホは動きが遅くなります。

CPUやメモリの性能が追いつかなく

なるのです。

そのため2年もすれば動作が遅くなったり

軽いフリーズをしたりするのです。

そうなるとどうしても新しいスマホへ

替えたくなります。

これを計画的陳腐化と呼んでいます。

商品価値は2年後、3年後に下がっていくのを

新しい商品を投入することで価値を保つ

手法です。

最近、iPhoneXに替えたのでそれを

感じました。

新しいiPhoneXのコメントは特にありませんが

計画的であることは確かです。

 

 

————————————————————–

IoT投資で減税か

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 26 11月 2017 8:03 AM

減税案の中に

IoTなどの新技術に対応する設備投資

を減税対象にするというのが含まれている

そうです。

投資費用の一部を法人税から控除する

という内容。

生産性向上を後押しする方向になっている

のです。

IoTだけでなく人工知能導入も同様に

減税対象になるかもしれないようです。

3年ほど前は「自分には関係ない」と

思っていた人も多かったIoTや人工知能。

ようやくですが広がりつつあります。

利益に結びつくのかわからないことは

投資するのに臆病になりがちですが

新しいものは取りあえず買っておく、

使ってみる、というのが正しい選択であり

優先すべきことです。

こんなものが流行るわけないでしょ、と

いった商品サービスが世の中に広がることは

多々あることです。

常に感覚を磨いてきたいところです。

 

 

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2390967025112017MM8000/

————————————————————–

回収1%未満

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 25 11月 2017 7:17 AM

中小企業向け補助金について

記事が出ていました。

「回収1%未満」

となっています。

具体的には「ものづくり補助金」の結果

なのですが、それにしても低い数値。

2014年の実績では

・投資実績12,319件

で商品化できたのは

・4,330件(35%)

だけです。

補助金を含めた投資回収が

・7件

という成績です。

記事では

・収益性を考えず安易に設備投資している可能性がある

としています。

ビジネスは2年で回収できなければ5年から10年

かかってしまいます。

長期スパンで結果を見る必要がありますが

それにしても低い数値であることは確かです。

設備投資より先に市場調査をする等の

優先することがあると思っています。

順番的に補助金が先に来てしまったのが

要因のひとつと考えます。

 

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO23804090S7A121C1EE8000/

 

ヒューマノイドロボット

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 24 11月 2017 7:17 AM

トヨタのヒューマノイドロボット。

あまりにもスムーズに追随しているので

見とれてしまいます。

動きといい、バランスの取り方といい

完成度が高い。

トヨタ自動車は将来、会社名から

自動車がなくなるのではないでしょうか。

ロボット開発も他社と違い、

各家庭で使われるロボットをつくって

いくと予想しています。

ロボットとは応用範囲が広いので

どの会社がどの分野を優先していくのかを

注視しています。

分野でNO1を取る会社が伸びていくことでしょう。

スピードを求められる開発競争が行われているのを

感じます。

 

 

【出典】

http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/19666327

 

1 / 512345