計画が高すぎました

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 14 11月 2017 7:17 AM

計画に対する意識は本当に人に

よって違うものだと感じる時があります。

会社では売上や利益に対して計画が

立てられます。

進捗を確認する時に、到達している場合は

なにも問題がありません。

しかし、進捗から遅れる時はいろいろと

言いたくなるものです。

先日も

「計画が高すぎました」

という報告がされました。

この言葉の裏側にはさまざまな気持ちが

あると思われます。

計画数字に対して当事者意識がない、

とも言えます。

自分で決めたわけではない、もしくは

自分の意図ではない計画数字を求められた、

と思っているのかもしれません。

これは、他でも見受けられる現象です。

いわゆる、どこかで他人事だと感じている

のです。

逃げ道をつくっているとも言えるかもしれません。

このような人が組織に存在すると、全体が

沈滞ムードになります。

伸びることはありません。

雰囲気が会社の結果まで左右してしまうのです。

ほんの些細のことですがとても大事です。

 

————————————————————–

おすすめ書籍

50 代から実る人、枯れる人 
松尾 一也 氏
http://amzn.asia/81mn7XL

————————————————————–

【7冊目の拙著2017年11月発売予定】

『図解でわかる!段取り時間術』

【6冊目の拙著 2017年10月発売】

『図解でわかる!伝わるプレゼン』(秀和システム)

【5冊目の拙著 2017年9月発売】

図解でわかる!マーケティング』(秀和システム)

【4冊目の拙著 2017年8月売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

【3冊目の拙著 2017年7月発売】

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

 

————————————————————–

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 
【講演の依頼については】