将来像がここにある

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 8 12月 2017 7:16 AM
 
看板が4つ掲げてあるトヨタのディーラー。
北海道日高にあるトヨタディーラーは
系列4つの販売店がひとつになっています。
要するにトヨタの車をすべて扱っている
ディーラーということになります。
人口が少ないエリアはこのようになって
いくという将来像でもあります。
ひとつの現象かもしれませんが、これが
20年後をあらわしているかもしれません。
販売エリアの新ひだか町の人口は2万3千人。
この規模の他のエリアも統廃合がはじまる
かもしれない、ということです。
最近は金融業界で統廃合の話しが進んでいます。
大きくなりすぎた業界ほど統廃合へと
突き進んでいきます。
今は、こうした流れを小さなところから
敏感に感じることが不可欠であり
優先されるべき反応です。
この自動車販売店の統合も小さな現象では
ありますが、大きな変革の一歩だと
感じます。
【出典】

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11