年100億円の投資

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 15 12月 2017 8:18 AM

ANAが人工知能、ロボットへの投資を

年間100億円以上すると発表しています。

経常利益額の7%程度を投資する

形になります。

荷物を預けるのが窓口カウンターから

自動預け機になったのが最近の特徴でしたが

今後は手荷物自動積み込み機の導入も

考えているようです。

航空業界は省力化を優先させる業界のひとつだと

感じています。

また自動化に対する抵抗感も少ない業界

ともいえるでしょう。

飛行機はパイロット自身が操縦する時間が

減ってきているからです。

安全性を保ちながら自動化することを

進めてきた業界でもあるのです。

そのため地上での仕事に関しても省力化は

即実現していくのではないでしょうか。

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO24638480U7A211C1TJ2000/

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11