衛星データも含まれるのか

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 18 12月 2017 6:59 AM

ビッグデータの争いが世界中の企業で

行われています。

今後、ビッグデータを手に入れた会社ほど

成長していくからです。

経営にとってビッグデータが優先される

時代になりつつあるということです。

人工知能には元になるビッグデータが

必要です。

そのデータを広く集められる会社が

力を持つことになるのです。

ネット上のデータだけでなく、人が

移動したり、行動するデータも収集

されていくことになります。

それだけにとどまらず、衛星データも

ビッグデータとして収集されていく

ことになると予測されています。

アマゾンの創業者がロケット会社を

所有しています。

宇宙旅行を2018年から実現するようですが

その先には衛星から得られるデータを

手に入れるという野望もあると推測されて

いるのです。

現在、landsat8のデータは見ることが可能です。

下記リンクから世界中のデータが閲覧できます。

https://landsatlook.usgs.gov/

上記は長野県の諏訪湖付近の衛星データに

なります。(クリックすると拡大します)

人の行動、生活は知らないところで

可視化される流れは止められそうに

ありません。

それを前提に考えていくことです。

 

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11