副業が有効か

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 29 12月 2017 7:03 AM

社員の育成のために副業容認が

広がっています。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25163440X21C17A2MM8000/?n_cid=NMAIL006

経営としては、副業を通して能力がさらに引き出される

ことを目的としています。

この目的が理解されていない場合、

副業が単なる副収入の手段となってしまいます。

その点を混同させないように企業側では

申告制にしています。

個人的には、副業をしなくても能力を

引き出すことはできるのではないか、

と考えています。

というのも、2つの仕事を掛け持ちするのは

並大抵ではありません。

時間も分散しますが、集中力も分散して

しまう恐れがあるのです。

気分転換をするくらい副業の割合が少なければ

いいですが、プロフェッショナルとしては

能力を開花させる時はひとつに集中すべきだと

考えます。

たとえば、プロスポーツ選手で掛け持ちをしている

人はいません。

プロフェッショナルとして維持するレベルが高いから

という理由もあると思いますが同時期に2つを

掛け持ちすることはありません。

それだけ副業は難易度が高いのです。

リソースを考えて何を優先させるのか判断したい

ところです。

 

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11