例外なく実践することを目標とする

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 31 12月 2017 9:03 AM

年末年始に目標を立てる人もいると思います。
目標は立てることも大切ですが
実行することの方がさらに重要なポイントです。

目標を立てても達成しないことがあるのは
続かないからです。

続かない理由はそれぞれありますが
総じて
「突発性のことが発生した」
「予想外のことが起こった」
「急に忙しくなった」
というプロセスをたどることがあります。

振り返れば同じパターンを歩んだり
同じような場所で止まっているのです。

これを越えていく時に目標が達成されるだけです。

やると決めた目標は
「例外なく実践する」
ことが真の目標となると感じます。

目標の内容より例外なく実践することが
優先されるべきなのです。

これは個人も経営においても同じことで
原則と呼ばれるものです。

年末の今日、出張帰りの飛行機搭乗前に
書いていますが、私の振り返りも込めて
記しています。

達成したこと、できたこともあるのですが
できなかったこともあるという事実を
直視する時間だと感じます。

 

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11