今年の予想:マーケティング

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 1 1月 2018 7:51 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3295投稿目】

時代は変わると言いますがどこがどのように

変化しているのでしょうか。

 

マーケティングとして注意するのは

人が求めている次元が上がっていることです。

 

モノに対する欲求が薄れ「シェアリング」や

「レンタル」が広がっていることがそのうちの

ひとつです。

 

物欲が減った、と表現されることもありますが

個人的に思うには、物欲が減ったのではなく

不足感、欠乏感がないので物欲が発生しない

と考えています。

 

モノに対する欲求が薄れた分だけ「承認欲求」が

増加しています。

 

人から賞賛されたい、求められたいという欲求の

方が強くなるのです。

 

これは今の20代には顕著で「世の中に貢献したい」

という思いが強いのです。

 

モノが欲しいという世代だった20代が今は

大きく変化していることに気がつくべきです。

 

こうした変化が事実としてあらわれてくる

年になると考えています。

 

さらにこうした商品やサービスが広がって

いくでしょう。

 

自分たちの仕事もその流れに沿うことを

優先しなければなりません。

経営は時代の流れに勝てないからです。

 

承認欲求をビジネスに取り入れている会社は

次の次元を満たしてあげることです。

その点はまたの機会に解説します。