同化していく

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 28 2月 2018 8:55 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3353投稿目】

業界のシェアを大手数社が占めている場合、

各社から提供される商品やサービス、価格が同化してきます。

 

携帯キャリアの価格はドコモ、KDDI、ソフトバンクの

3社が横並びになりました。

 

当初はソフトバンクが価格攻勢をしかけましたが

時間とともに横並びに落ち着いたのです。

 

ただ、新規参入の会社があればまた価格、サービスが

競争していくのです。

 

楽天が参入を表明していますので、これからの動きが

楽しみです。

 

どのような戦略を立ててくるかに注目です。

 

他にも、航空業界はJALとANAが2強なので提供する

サービスが同化しています。

 

たとえば、機内Wi-Fiサービス。

国内線はJALが無料でANAが有料でした。

 

40分550円、時間制限なしで1,050円という

価格でANAが提供しています。

 

これが4月から無料になります。

理由は正確にはわかりませんが、思ったより

有料でWi-Fiを利用する人が少なかったので

無料という経営判断をしたとも予想できます。

 

もしくは、JALが無料だったのでANAも

JALに合わせていくことを優先したかもしれません。

 

このようにサービス、価格帯が同化する現象が

発生するのです。

 

ということは、業界の大手会社寡占状態を見れば

将来予測ができるということになります。

 

【出典】

https://goo.gl/QEfs7R

https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/departure/inflight/wifi/

 

 

 

半数以上がゼロ

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 27 2月 2018 7:54 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3352投稿目】

大学生の半数以上が

「読書時間ゼロ」

という調査結果が発表されました。

 

読書時間ゼロが半数を越えるのは初めて。

調査は約1万人に行っており、電子書籍も

読書に入っているとのこと。

 

ただ、どのような本が読書とみなすのかは

個人ごとの判断に委ねられている調査結果です。

 

これと同時期に、漫画の電子書籍が紙(単行本)を

上回ったというデータも出ています。

 

漫画全体の売り上げ(単行本+電子書籍)は

3377億円であり、前年比0.9%減となっています。

 

ただ、無料で読める漫画の問題があるので

実際に売り上げ減をそのまま受け止めるわけには

いきません。

 

大学生の読書時間ゼロもそのまま受け止めると

カン違いを起こしそうです。

 

というのも、読書以外の行為で読書と似たような

行動は増えていると予測しているからです。

 

じっくり1冊の書籍を読む行為は減っていても

文字を読む行為は時間的に増加しているはずです。

 

コンテンツとして書籍の魅力が下がっているという

予測も立つのではないでしょうか。

 

 

【出典】

漫画単行本、電子版が紙を上回る 市場全体は0.9%減:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27390720W8A220C1000000/

大学生「読書時間ゼロ」半数超 実態調査で初:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27402030W8A220C1CR8000/

 

 

満足病の出現

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 26 2月 2018 8:00 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3351投稿目】

2年間、続けて業績が向上するとスタッフ

の中には

「これ以上、伸びる必要はないのでは」

「現状ぐらいがちょうどいいのでは」

ということを言い出します。

 

満足病という名の病です。

 

特にリーダーやベテラン社員の中に

このような発言をする人が出てくるのが

特徴です。

 

企業は

「成長なくして現状維持もない」

というのが原則です。

 

成長を目指して、結果が現状維持ぐらい

というのが普通なのです。

 

それを「現状維持でいい」「現状維持がいい」

という気持ちが芽生えれば結果は

・右肩下がり

になるだけです。

 

この満足病という病は一発完治することはなく

長期戦で治療していくことになります。

 

どうして成長を目指すのか

どうして発展しなければならないのか

を理解してもらう必要があるからです。

 

世の中は変化し、進化しています。

ということは、お客様も変化しているのです。

 

それなのに、提供している商品サービスが

同じであることや、顧客が同じであること

自体が異常なのです。

 

現状維持を求める気持ちもわからなくは

ないですが、企業経営ではありえない

選択肢なので完治するまで治すことに

なるのです。

 

現状維持より変化を優先させる経営へと

変化させることが成長と定義すること

だと感じています。

 

 

 

顔を出す、出さない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 25 2月 2018 8:59 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3350投稿目】

ビジネスとは商品、サービスを提供する

ことですが、その際に

・会社

・担当者

・設計者

の顔を出すことが増えてきました。

 

会社であれば、

・会社代表者

・会社役員

になり、サービスであれば

・サービス担当者

を出すことになります。

 

商品であれば

・商品設計担当(企画担当)

を出している企業も増えています。

 

顔を出すことによって何が変わるのでしょうか。

 

顔を出すことによって、顧客側が商品サービスを

選択する時の安心材料になるのです。

 

経営的にいえば、顔を出すことで業績がアップ

します。

商品サービスの売れ行きも変わるのです。

 

振り返れば、まわりの企業で顔を出す、出さない

で比較すると業績の優劣がついていることに

気が付きます。

 

ということは、これからの経営において顔を出すことは

優先順位が高い項目なのです。

 

顔を出すことに抵抗のある人が多いので、逆に

顔を出せる人が強みを活かすことができるということ。

 

特にWebでは顔を出していくことを優先すべきですね。

 

 

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27194070R20C18A2000000/?n_cid=NMAIL006

 

 

ミスマッチを減らすビジネス

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 24 2月 2018 6:58 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3349投稿目】

 

新しいビジネスが生まれる理由は

不満・不便などがあるからです。

 

たとえば、企業の採用では

「ミスマッチ」

が発生しやすい。

 

景気が良くても、わるくても

採用のミスマッチは起こっています。

 

ミスマッチの理由はお互いの

情報不足から発生していることが

あります。

 

それを防ぐために、新卒採用では

「OB、OG訪問」

が行われています。

 

私も学生時代にOB訪問をしたことがあります。

今でも半数以上の学生はOB、OGの訪問を

希望していると言われています。

 

通常、OB、OG訪問は大学の先輩を頼って

行われます。

 

それだと制限があり思うように訪問でき

ないのも事実。

 

このニーズを解決するのが上記動画の

サービス。

 

大学に関係なくOB、OG訪問が可能に

なるというもの。

 

企業側も採用後のミスマッチが減るだけでなく

採用コスト(採用費用)も下がるという

メリットもあります。

 

採用はすべての企業において優先課題であり

採用費用は、経営の中でも最優先の投資先

でもあるのです。

 

この業界は今後も新サービスがまだまだ

出てくると予想しています。

 

 

【出典】

https://matcher.jp/

 

 

返済が滞ると停止

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 23 2月 2018 6:46 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3348投稿目】

 

ある銀行の新しい自動車ローン。

返済が滞ると、自動車のエンジンが

かからなくなる。

 

遠隔操作でエンジン停止を行う

システム。

 

IoTが実際に融資の場面で使用

されることになります。

 

この自動車ローンの内容は

——————————-

GPS装置付マイカーローン」

融資額は10万~200万円

年利12%

融資期間6カ月以上7年以内

——————————-

となっており、今まで融資でき

なかった顧客へ融資を広げる

ことを目的としています。

 

金利を見ればそれが理解できます。

 

このシステムはエンジン停止機能

だけでなく、GPS機能もついているので

どこに自動車があるのかもわかります。

 

こうしたテクノロジーの進化は

企業サービスの可能性を広げます。

 

経営戦略も変わってくるでしょう。

優先すべき顧客層も拡大していく

ということです。

 

ビジネスにテクノロジーを組み合わせると

新しい世界が広がるかもしれないのです。

 

今後、他の業界でも新しい顧客層への

アプローチがテクノロジーによって

可能になっていくのをキャッチアップ

したいと思います。

 

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26730160Z00C18A2TJE000/

 

 

ソーシャル日記システム

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 22 2月 2018 8:05 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3347投稿目】

鹿児島県霧島市の取り組み

「ソーシャル日記システム」。

 

霧島市の人、モノ、すべてのものを

対象に市民でいいところを見つけ

褒め合うシステム。

 

ツールとしてはアナログのノートを

使い「交換日記」の形式で広めています。

 

この動画が未来をあらわしているように

感じました。

 

具体的には、いま満たされていない部分を

明確にしていると個人的に思うのです。

 

情報が増え便利になった反面、満たされない

部分が増えているわけです。

 

褒め合うという行為が素晴らしいのではなく

褒める部分を探そうとする行為が最近

減っていることに気がつかされるのです。

 

そこに充足感を感じ、減っていたコップが

徐々に満たされていく様子が想像できるわけです。

 

ここから読み取れる「集合的な意識」が

将来を形成していくのでしょう。

 

マーケティングがさらに変化していく

ということです。

 

【出典】

https://www.city-kirishima.jp/hisyokouhou/shise/koho/cp/documents/koukannittki.pdf

 

 
1 / 41234