◯◯三昧

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 19 2月 2018 8:31 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3344投稿目】

仕事三昧、勉強三昧、趣味三昧という

「◯◯三昧」とは、時間をふんだんに

使ってひとつのことを堪能する行為です。

 

成長する時期には仕事三昧になると

いわれています。

 

仕事三昧になるためには、どうすれば

いいのでしょうか。

 

いきなり仕事三昧になるわけではなく、

その前に堪能し満たすものがあります。

 

これを優先せず、仕事三昧になる

ことはあまりありません。

 

それは

「遊び三昧」

です。

 

遊びといっても「自分を満たす」ための

遊びです。

 

だれかを楽しませることではありません。

 

仕事三昧になるためには、まず自分を

満たしてあげることが優先なのです。

 

経営者の方で、こうしたメンタルの

調整が得意な方を見たことがあります。

 

メリハリがある時間の使い方をしている

のです。

 

仕事の時は仕事だけに集中し、納得いくまで

仕事をします。

 

遊びの時は遊びで、トコトンやりきるのです。

自分が満足するまで時間を費やし、堪能し

自分の気持をスッキリさせるのです。

 

「遊びきった」というスッキリ感をもって

仕事に向かうのです。

 

だから仕事に対して雑念がわかない。

仕事三昧になることができるのです。

 

こうした緩急をつけた時間の使い方を

習得すると集中力が増してきます。

 

雑念を取り払うためにも「遊び三昧」は

必要なのです。

 

 
1 / 11