ロボットスキー トーナメント

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 9 3月 2018 7:31 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3362投稿目】

はじめて開催された

ロボットスキー・トーナメント

の動画です。

 

スキージャケット着用のレギュレーション

なので見ていて人間らしく見えてきます。

 

今回はスラロームをクリアすることと

スピードを競い合う内容。

 

無事にすべてのスラロームをクリア

したロボットが出たようです。

 

ただ、止まることはできないのが

動画で確認できます。

 

こうした試合が開催されることで

ロボットの進化が進むことがあります。

 

無益なことのように見えて

長い目で見れば有益なことなのです。

 

遊んでいるようで仕事になっている、

楽しんでいるようで勉強になっている、

ということ。

 

経営にもこうした視点を取り入れたり

優先することは長期戦略では有効だと

いうことです。

 

【出典】

https://www.theguardian.com/sport/2018/feb/13/robot-skiers-tackle-olympic-challenge-in-south-korea

 

 
1 / 11