統廃合が進む

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 18 3月 2018 8:05 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3371投稿目】

静岡県にある信用金庫が統合に向けて

経営の舵をきっています。

http://www.kakeshin.co.jp/

https://www.shimashin.co.jp/

 

この2つの信用金庫は主な営業エリアは

異なりますが部分的に重なるエリアも

存在しています。

 

そのため、支店の距離が2〜3分の場所に

あることも。

 

このような隣接している支店は統合して

1つにしてしまうことになるのです。

 

マーケットが縮小したり、収益源が減少

している時は生産性を上げるか、合理的な

判断が必要となります。

 

金融業界はこれこらが正念場。

低金利政策が続き収益源は減少するばかり。

 

大企業への融資も減っています。
(大企業は大不況時の教訓から自己資本を
増やすことにしているのです)

 

昨年までは相続税対策のアパートへの

融資が過大になり課題も発生しています。

 

今後、規模の小さい金融機関同士の統合や

大規模金融機関同士の合併が続いていくと

予想されています。

 

今年の終わり頃か、来年には現実となるのでは

ないでしょうか。

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28241000W8A310C1L61000/

 


『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

 
1 / 11