大手が導入でスピード加速

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 12 5月 2018 7:49 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3426投稿目】

大手が新規設備を導入し始めると

一気に普及することがあります。

 

今回取り上げるのは飲食店での

協働ロボット導入。

 

上記動画を見ればわかりますが

・食器洗浄工程

に導入された協働ロボット事例です。

 

食器が洗い終わったとことで

食器を並べる作業をロボットが

行っています。

 

食器の裏側にQRコードがあるので

それによって食器種別を把握し

同じ食器ごとに並べることが

可能なのです。

 

協働ロボットだけあって人が

近づくと自動で動きが止まります。

 

働いている人がケガをすることが

ないように設計されているのです。

 

このように現場に導入しても

違和感のない協働ロボットが

大手で優先的に導入されれば、このジャンルが

一気に広がっていきます。

 

「協働ロボット」というジャンルが

急激に伸びる可能性があるのです。

 

大手でどの程度の数が導入されていくのか

注目すべき内容です。

 

【出典】

https://liferobotics.com/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000016510.html

 

——————————-

『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

http://amzn.asia/3GrDW4Z

eラーニング Wisdom School

『利益を出す生産性の導入プロセス』

〜当事者意識から可能思考が持てるリーダーへ〜

http://www.wisdom-school.net/content/485/index.html

 

 
LINEで送る

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

CAPTCHA