労働生産性の伸び悩み

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | ニュースから企業経営のヒント | 金曜日 8 6月 2018 7:22 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3453投稿目】

生産性向上特別措置法 施行

生産性向上特別措置法が施行されました。

中小企業においては

生産性向上のための設備投資促進

が内容に盛り込まれています。

 

中小企業の生産性は停滞している

中小企業の生産性は大企業と比較して

伸び悩み

の状況です。

 

たとえば2009年から2016年の生産性の

伸び率は

・大企業:32%増

・中小企業:8%増

となっています。

 

差は開く一方なのです。

 

生産性向上のための設備投資

特に

所有設備老朽化

が中小企業の特徴としてあげられています。

 

今後、人手不足が予測されているので

ここで

・生産性の高い設備を導入する

ことを推奨しています。

 

設備投資の支援内容

重ねて、支援も盛り込まれています。

支援内容は

生産性を高める設備を取得後の固定資産軽減

・必要な資金繰りの支援(信用保証)

・認定事業者に対する補助金における優先採択(審査時の加担)

が主なポイントです。

 

中小企業の生産性向上が優先課題

国としても、日本の将来を考えたら

中小企業の生産性が上がることが

優先課題なのです。

 

働き方改革を実現するためにも

生産性が上がることが必須項目でも

あります。

 

こうした機会に

・生産性について取り組む

ことのもひとつの方法ではないでしょうか。

 

経営の計画として盛り込んで

PDCAをまわすチャンスでもあります。

 

緊急課題ではないですが重要な課題でも

ある生産性向上の取り組むは大義名分が

あるとスタートしやすいと感じています。

 

 

 

【出典】

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/seisansei/index.html

 

1 / 11