予測地図からわかることを知っておく

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | ニュースから企業経営のヒント | 金曜日 29 6月 2018 7:09 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3474投稿目】

全国地震動予測地図

全国地震動予測地図2018年版

BCPが3割しか浸透していないことを

前に取り上げました。

 

さらに地震に絞って考えてみたいと

思います。

 

全国地震動予測地図の今年度版が出ました。

下記の詳細図を見ればわかりますが

今後30年間で震度6以上の確率が

26%以上の部分が赤色部分になります。

地震確率マップ

北海道、太平洋側はほとんどが

赤色になっています。

 

26%以上だと100年に1度の割合で

大地震が発生する確率になります。

 

3%だと1000年に1度の割合です。

 

確率が低い場所が安全ではない、という

注釈が出ていますので日本はどこに

いても地震リスクがあることを自覚

する必要があります。

 

東日本大震災は1000年に1度の地震だったと

言われているので、確率でいえば3%だったと

いえると思います。

 

地震カテゴリーⅠ、Ⅱ、Ⅲ

地震カテゴリー

地震カテゴリー分けは3箇所になります。

九州を見れば細かくカテゴリーが

分かれていることに気が付きます。

 

福岡と大分宮崎では地震の影響が

全く違うということです。

 

断層マップ

断層マップ

断層マップを見れば、細かく断層が

あることが自覚できます。

 

こうして見てみると、結局のところ

確率の数字だけでは判断できない

感じます。

 

どこにいても対策をしておくべきで

いつでも対応できることだけです。

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11