脱既存事業が必須な場合

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 14 5月 2018 8:46 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3428投稿目】

脱既存事業を成し得ないと

遠い将来、存続が危ぶまれる企業が

あります。

 

既存事業だけを営んでいたら

おそらく、10年後、20年後には

世の中から追い出されることに

なるのです。

 

経営コンサルタントの仕事をしていると

こうした未来予知がクリアに見えてしまいます。

 

不思議なことは、こうした企業の経営者も

「存続の危機感」を持っており

「このまま既存事業だけではダメだよね」

と考えていることです。

 

しかし、何も変わらない。

去年も今年も来年も同じことをしています。

 

「わかってはいるけど、、、」

という状況が続いてしまうのです。

 

ではどうするのか。

 

「既存事業から一気に変えられる方法はない?」

と質問されることはありますが

「一気には変わらない」

ものです。というのも一気に変えることの

リスクがあるからです。

 

ビジネスモデル、ビジネスドメインの変換は

徐々に変えていくのが、かえって近道です。

 

最初はスロースタート、新規事業の売上げが

2割を超え始めたら加速させればいいのです。

 

新しい事業を担当する人員は

・新しい感覚を受け入れることができる人

を選択しなければ上手くまわりません。

 

時には、外から人財を採用することも

視野に入れることです。

 

新規事業が既存事業の売上やシェアを

奪うこともあります。

そんな時も、経営者の判断で新規事業を

進めることです。

 

社内が最も抵抗勢力になりうるのです。

社内の抵抗勢力があるから進まないのです。

 

新規事業の結果を出しながら、抵抗勢力となる

人たちに理解を求めることです。

 

新規事業の結果が出るまでは、それこそ

経営者が支えることを優先する、ということです。

 

 

——————————-

『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

http://amzn.asia/3GrDW4Z

eラーニング Wisdom School

『利益を出す生産性の導入プロセス』

〜当事者意識から可能思考が持てるリーダーへ〜

http://www.wisdom-school.net/content/485/index.html

 

 

指定場所へ行く定期券

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 13 5月 2018 7:46 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3427投稿目】

昨年(2017年)から北九州などで

実証実験が始まっている「タクシー定期券」。

 

自宅と指定する場所数箇所を何度でも

往復できるタクシー券になります。

 

地方で公共機関の代替になると予想されて

おり国交省も推進しています。

 

今度はタクシー会社ではなく旅行代理店が

「タクシー定期券」をスタートします。

 

最初は長野県諏訪市。

月額2万円程度を想定しているようです。

 

チケットの種類としては、

・募集型企画旅行

になるとのこと。

 

路線バスが減少し、高齢化による

免許返納も重なり、交通の足が

なくなる人が地方で増えると予想されて

います。

 

その代替のひとつが「タクシー定期券」です。

買い物する場所、病院などを指定し、

自宅と指定場所を往復できるようになるのです。

 

去年からこのサービスは注目していましたが

今度はタクシー業界ではなく旅行代理店が

進めるので普及が加速しそうです。

 

タクシー業界が中心となって進めると

どうしても自社売上減少を心配して

普及が遅くなると感じていました。

 

今後、高齢化社会対策として

優先すべき取り組み事項であり、

また注目の分野です。

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO30431370S8A510C1MM8000/

——————————-

『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

http://amzn.asia/3GrDW4Z

eラーニング Wisdom School

『利益を出す生産性の導入プロセス』

〜当事者意識から可能思考が持てるリーダーへ〜

http://www.wisdom-school.net/content/485/index.html

 

 

大手が導入でスピード加速

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 12 5月 2018 7:49 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3426投稿目】

大手が新規設備を導入し始めると

一気に普及することがあります。

 

今回取り上げるのは飲食店での

協働ロボット導入。

 

上記動画を見ればわかりますが

・食器洗浄工程

に導入された協働ロボット事例です。

 

食器が洗い終わったとことで

食器を並べる作業をロボットが

行っています。

 

食器の裏側にQRコードがあるので

それによって食器種別を把握し

同じ食器ごとに並べることが

可能なのです。

 

協働ロボットだけあって人が

近づくと自動で動きが止まります。

 

働いている人がケガをすることが

ないように設計されているのです。

 

このように現場に導入しても

違和感のない協働ロボットが

大手で優先的に導入されれば、このジャンルが

一気に広がっていきます。

 

「協働ロボット」というジャンルが

急激に伸びる可能性があるのです。

 

大手でどの程度の数が導入されていくのか

注目すべき内容です。

 

【出典】

https://liferobotics.com/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000016510.html

 

——————————-

『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

http://amzn.asia/3GrDW4Z

eラーニング Wisdom School

『利益を出す生産性の導入プロセス』

〜当事者意識から可能思考が持てるリーダーへ〜

http://www.wisdom-school.net/content/485/index.html

 

 

商戦時期が前倒しへ

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 11 5月 2018 7:48 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3425投稿目】

ランドセル商戦がここ最近

時期がだんだんと早まっています。

 

2011年の商戦ピークは1月でした。

これが、2014年だと10月がピークへ。

2017円は7月がピークになっているのです。

 

前倒しが続いています。

要因としては

・強いこだわり

が発生していると予想されています。

 

強いこだわりがあるため、希少性があり

限定数しかないランドセルを手に入れるため

早い時期から購入するようになった

ということです。

 

他にも、ランドセル購入に対して

祖父母が孫に購入してあげることが

増えているのも要因のひとつです。

 

実家へ規制するゴールデンウィーク時に

一緒に買いに行くこともあると

思われます。

 

こうした要因が重なり、現在では入学の

1年前から店頭に並ぶようになっているのです。

 

ほんの数年で商戦時期が大きく動いた事例の

ひとつです。

 

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO30099430S8A500C1L83000/

——————————-

『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

http://amzn.asia/3GrDW4Z

eラーニング Wisdom School

『利益を出す生産性の導入プロセス』

〜当事者意識から可能思考が持てるリーダーへ〜

http://www.wisdom-school.net/content/485/index.html

 

 

建設現場でも週休2日制へ

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 10 5月 2018 8:17 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3424投稿目】

建設現場でも週休2日制の導入が

促されています。

 

清水建設が導入を予定しています。

協力会社が休日を増やした場合に

・労務費

を加算することを決めました。

 

これにより

・週休2日制

・時間外労働削減

を推進していくことになります。

 

もともと建設の業界は労働時間が

長い傾向にあります。

 

建設現場はイレギュラーなことが発生しやすく

しかも納期は決まっているので、どうしても

現場での労働時間数が伸びてしまうのです。

 

これでは今後、技術者が集まらない

業界になるおそれがあります。

業界の存続がかかっているのです。

 

仕事環境を改善し、人が集まる業界へと

変身できるかが将来へのカギになることでしょう。

 

こうした取組みは、まず大手から推進し始め

業界全体へと浸透していくものです。

 

 

ただ、制度だけでなく実際の現場においても

実行されることがひとつのハードルになるでしょう。

 

 

【出典】

https://www.shimz.co.jp/company/about/news-release/2018/2018007.html

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30190370Y8A500C1MM0000/

 

——————————-

『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

http://amzn.asia/3GrDW4Z

eラーニング Wisdom School

『利益を出す生産性の導入プロセス』

〜当事者意識から可能思考が持てるリーダーへ〜

http://www.wisdom-school.net/content/485/index.html

 

 

値上げのタイミング

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 9 5月 2018 7:00 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3423投稿目】

消費税が来年(2019年)の10月に上がる予定です。

10%になります。

 

となると、商品、サービスの価格改定を考えている

会社は今年が価格変更(値上げ)のタイミングに

なります。

 

値下げのタイミングは、理由があれば時期を

見極めるために神経を使うことはありません。

 

しかし値上げは神経を使います。

値上げの理由があればいいのではなく、

時期(タイミング)もあわせて必要なのです。

 

タイミングとは、世の中の雰囲気に左右されます。

大きな理由があれば値上げを理解できるように

なるのです。

 

たとえば

・石油価格の上昇

によってガソリン価格も上昇します。

となると、石油を原材料とする商品の

値上げは容認されることが多くなるのです。

 

為替の動きも同様です。

円安になれば、原材料を輸入している場合には

「致し方ない」と価格への上乗せを容認して

もらえるケースも増えるのです。

 

このように、タイミングを見極めることが

経営者の役割です。

価格改定は経営の中での優先順位の

高い項目です。

 

失敗すれば経営を揺るがすことになるのです。

見極めていきたいところです。

 

——————————-

『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

http://amzn.asia/3GrDW4Z

eラーニング Wisdom School

『利益を出す生産性の導入プロセス』

〜当事者意識から可能思考が持てるリーダーへ〜

http://www.wisdom-school.net/content/485/index.html

 

 

シェアリングで維持費をまかなう

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 8 5月 2018 7:59 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3422投稿目】

所有する自動車をシェアできるサービスで

どこまで維持費をまかなえるのか?

という記事が出ていました。

 

個人が所有する自動車は利益を生むもの

ではありませんでした。

 

これがシェアリングによって維持費を

まかなうことが可能になっています。

 

車種ごとの維持費軽減率ランキングが出ており

最大では98%の維持費をシェアによって

まかなわれた、とのこと。

 

トップ10の車種は最低でも60%の維持費を

まかなっています。

 

ただ、人気車種しかシェアされていないのも事実。

どんな車種でもここまで維持費をまかなえる

わけではありません。

 

維持費軽減率が高い車種はミニバンが

トップ10の半数を占めています。

ニーズが高く、維持費をまかないやすい

車種といえます。

 

今後、こうしたシェアリングカーが

どのように広がり、普及していくのかが

気になります。

 

利用ニーズで広がるのか、趣味ニーズで

広がるのかのどちらかだと感じます。

 

 

【出典】

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1805/07/news011.html

——————————-

『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

http://amzn.asia/3GrDW4Z

eラーニング Wisdom School

『利益を出す生産性の導入プロセス』

〜当事者意識から可能思考が持てるリーダーへ〜

http://www.wisdom-school.net/content/485/index.html