はげしく遠く感じる現場との距離

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第5章実行 | 土曜日 10 3月 2012 10:11 AM

 

「これは、はげしく遠い距離」

と感じる場面があります。

 

何と何が遠いのか?

たとえば、それは、

「あるべき姿」と「現場の姿」

の距離が遠いこと。

 

「その内容なら3日でできますよね」

という内容であっても

「そう、そうなんです。が、現場がどれくらい

忙しいのかわかりますか」

と言って取り合わない。

 

本人にも「あるべき姿」を知っているし

理解もしている。

にもかかわらず、

【理解している】から「あるべき姿」に近づいて

いるわけではないのです。

 

こんな場面に出会うとリーダーの方々は

落胆

あきらめ

が出てきます。

あるべき姿までの距離が

「はげしく遠い」

と感じてしまう。

 

 そんな時ほど、

【こちらの期待】と【現実の進捗】を

切り離してチェックすること。

どうしても期待が大きいほど、

フィルターがかかってしまうからです。

 

経営者に求められる【冷静さ】は

こんなところで求められるのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/