ものづくり白書について

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 12 6月 2015 8:35 AM

 

 今年のものづくり白書について。

先進国は総じて製造業の割合は少なくなるものです。

しかし、そうでもない国があります。

日本とドイツ。

製造業のGDPに占める比率は、

米国、英国、フランスが1割強、

日本、ドイツは2割強、

中国、韓国が3割程度

となっています。

主に自動車産業が牽引していることに

気が付きます。

そのためか、日本とドイツの製造業は、

お互いのプライドをかけて争っているように

見受けられます。

ドイツがインダストリー4.0を出してきたので

今度は日本の番ではないでしょうか。

 

『出典』

 

【fjコンサルタンツ 公式サイトリニューアルしました】

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】