アイリスオーヤマのスピード

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 12 4月 2013 8:44 AM

 

家電部門が成長しているアイリスオーヤマ。

スピード、スピード、スピード

が信条。

1年で1000の商品を投入しているようです。

 家電大手から技術者を大量に採用しています。

受け皿になっていますね。

特徴は、伴走方式。

開発、生産、営業が一斉スタートする手法です。

そのため、大手家電メーカーの開発期間は通常2年かかるところを

3分の1の期間で終了します。(早くて3ヶ月)

同時に営業さんは試作品で商談してしまう。(先行商談)

モックで商談に行き、顧客から意見を吸い上げ、すぐに

開発に連絡を取り、修正していく手法。

チャンスロスをなくすためにスピーディに検証することが

習慣化されているのです。

経営の決断場所は、毎週行われる開発会議。

1案件10分のプレゼンで発売決定をします。

 手間を省くために、事前の根回しなし、が約束。

社長さんの言葉、

「他社より半歩先に行く。

1歩遅れるとよっぽど商品が良くなければ売れない。

利益が出ない。」

と。

大手以外の会社にとって、選ぶ道は同じですね。

 

【出典】

NHKオンデマンド クローズアップ現代 「“スピード”に勝機あり 新興家電の戦略」

http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2013047508SC000/?capid=sns002

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/