エースに頼るチームは発展しない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第5章実行 | 金曜日 23 3月 2012 8:38 AM

 

「エースが欲しい」

というのがリーダーの方の要望は

絶えずあります。

 

確かに、エースがいれば仕事の結果が

安定します。

 

しかし、エースに頼り過ぎると発展しない

というジレンマがあります。

 

常にエースに何でもやってもらう流れに

なってしまうのです。

営業のチームならば

新規開拓もエース

既存顧客フォローもエース

開発もエース

などとオールラウンドプレイヤーとして

依存してしまうからです。

 

そうなると、次のスタッフは育ちません。

するとチーム全体の数字は伸び悩むのです。

 

エースはひとりで動くことが出来る時間と結果は

限界があります。

個人の限界がそのチームのキャパとなってしまう現象。

 

これを避けるには、エースの依存度を下げること。

エースの仕事を部分的に引き継いでいくことです。

この仕組みを会社内につくっていくこと。

すぐにはできませんが、中長期的に取り組む

優先順位の高い内容なのです。

少しずつでも取り組みたい内容です。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/