IoTで気になるニュース

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 12 6月 2017 8:06 AM

ラズパイで農地をモニタリングしている実例。

USBカメラ、温度計、湿度計、気圧センサーで

監視している。

監視内容は

15分ごとに記録し、インターネット上のサーバに3G回線

送付している、とのこと。

太陽光発電で電気をまかなっており1年半動いている。

こうしたモニタリングシステムを市販品で購入すると

80万円前後になる。しかもランニングコストも2万円超に

なるはず。

手作りであればその1/10以下で可能。

このコストパフォーマンスがIoTを劇的に普及させると

予測しています。

 

 

 

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/