コミットメントの弊害

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 7 3月 2014 6:52 AM

 

去年から気になっていたことは、

自動車メーカーの日産から「目を引く新車」が

出てこないことです。

その理由が評論家によって解説されていました。

理由は、「コミットメントの弊害」。

コミットメントとは、目標数値を絶対達成すること。

そのため、100%達成する、という社内文化はすばらしい

ものなのですが、開発部門にとっては、

「目標値を低く見積もる」

対応をしてしまったようです。

そのため、目標販売台数が少なければ少ないほど、

【開発費がかけられない】

というジレンマに陥るのです。

そのため、【最新鋭の装備】が標準搭載できないのです。

評論家曰く「新車なのに古い車」と表現しています。

これでは、売れるはずもなく、魅力的な車でもありません。

開発部門は、「人事評価」も「コミットメント」も別の領域で

判断してあげないといけないことがわかります。

開発部門に数値化を求めたり、極度な目標を求めると

失敗するケースは多々あります。

経営者としては、考えたい部分ですね。

 

【出典】

新型ティアナから見える日産の笑えない内部事情 [NISSAN(日産)] All About

http://allabout.co.jp/gm/gc/439903/

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
(Twitter)http://twitter.com/fujiwaratake
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/