会社の飲み会は文化

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 23 10月 2017 7:25 AM

 

会社の飲み会回数は会社によって様々です。

ある面接の時に

「飲み会は月に何回ぐらいありますか?」

と聞かれたことがあります。

その会社では

「月一回程度の飲み会があります」

「それぐらいなら大丈夫です」

というやりとりでした。

この方の場合、まったく飲み会がない会社もさみしいが

毎週のように飲み会があるのもきつい、という

意見をお持ちでした。

会社によっては目的を持って積極的に

会社の飲み会を開催しているところもあります。

京セラは「コンパ」という名称で研修の後には

必ず飲み会を開催しています。

日頃、社内でもコミュニケーションしない人達の

交流の場を会社が設定しているのです。

飲み会費用の補助をしている会社にとっては

投資になるのです。

これは良い悪いではなく、会社にとって

必要かどうかで判断していきます。

飲み会は課題解決のひとつの方法として

考えてみてもいいのではないか、ということです。

 

【出典】

飲み会が多い会社ランキング

http://toyokeizai.net/articles/-/193818?page=3

 

————————————————————–

おすすめ書籍

50 代から実る人、枯れる人 
松尾 一也 氏
http://amzn.asia/81mn7XL

————————————————————–

【6冊目の拙著 2017年10月発売】

『図解でわかる!伝わるプレゼン』(秀和システム)

【5冊目の拙著 2017年9月発売】

図解でわかる!マーケティング』(秀和システム)

【4冊目の拙著 2017年8月売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

【3冊目の拙著 2017年7月発売】

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

 

————————————————————–

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 
【講演の依頼については】

キャリアプランが重要になってくる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 11 1月 2017 8:11 AM

キャリア

昨日のブログで75歳以上高齢者

話しをしました。

関連する話題として、個人は

今後、就労期間が延長する可能性が

大きくなります。

60歳を過ぎても、70歳を過ぎても

働くことになるのです。

その時に重要になるのが、何の

仕事をするのか?ということ。

というのは、体力は年齢を重ねるほど

落ちていくのは避けられません。

そうなると、体力勝負の仕事は

若い人には勝てなくなってきます。

長く仕事ができるためのキャリアプランを

30代から考えておく必要があるのです。

また将来は人工知能(AI)が普及するため

なくなる仕事も予想しなければなりません。

選択肢は少なくなっていくように思えます。

では、何を基準にキャリアプランを立てて

いけばいいのでしょうか?

ひとつには、

・創造的な仕事(クリエイティブ)

になります。

次に

・高度なコミュニケーション

を軸に選択することです。

高度なコミュニケーションには、

・人に教える

という部分も入ってきます。

上記3点を軸に自分のキャリアプランを

立ててみることを一度おすすめします。

10年後、20年後に困ることがないよう

今から進めておくことです。

 

 

【経営には優先順位がある】

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

コミュニケーションに達成はない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 1 11月 2013 6:49 AM

 

ある作家の言葉があります。

「コミュニケーションにおける最大の問題は、

それが達成されたという幻想である」

(アイルランド出身の劇作家ジョージ•バーナード•ショー)
この言葉を意識したいと感じる時があります。
「毎日、コミュニケーションできています」
という報告を聞くときです。
それは、「毎日、会話しています」の間違いでは?
と感じてしまうのです。
コミュニケーションが達成された、と思い込んで
しまったら、それ以上の進展はありません。
常に、【どこまで理解しているのか?】を確認しながら
進めていきたいところです。
【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
(Twitter)http://twitter.com/fujiwaratake
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

数個の言葉でコミュニケーションがスムーズに

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 10 8月 2013 7:27 AM

 

4つの魔法の言葉でコミュニケーションがスムーズになる

という記事がありました。

「ありがとう」

「ごめんなさい」

「許してください」

「愛しています」の4つだそうです。

これは、主に夫婦関係、家族関係の事例です。

職場では

「ありがとう」

「すみません」

「間違っていました」

「あなたのことを思っています」

という4つの言葉に置き換えできるでしょう。

根底にある【素直さ】が言葉になったとも

言えるのではないでしょうか。

コミュニケーションには、答えがありませんが

原則はそこにあるのではないでしょうか。

タテマエや自己中心的意図、ましてや人をコントロールする

意思が見え隠れすれば、スムーズにいくはずがありません。

人は、無意識でその辺りの感覚が優れていて

直感的にわかるようにできているようですね。

だからこそ、自分にも人にも

【ごまかさない】

という態度が必要ですね。

 

【出典】
http://president.jp/articles/-/9836

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

会社がひとつにまとまり始める時

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第4章経営計画 | 水曜日 14 3月 2012 10:54 AM

 

全社でひとつの場所に集まり、

部署ごと、一人ごとに発表をしていく。

 

たったそんなことですが、

会社がひとつにまとまり始めるのです。

 

20120316-142607.jpg

 

事業計画を発表したり、

自分たちの仕事内容を伝えたり

会社の歴史を振り返ったり、

とコミュニケーションが深くなるのです。 

 

費用と時間がかかりますが、

年に一度はそんな時間をとりたいものです。

 

今月は、こんな機会が多い月です。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/