負ける提案書には理由がある

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 19 5月 2013 8:02 AM

 

お客様からの受注に関して

【コンペ形式】

になることが多いですね。

最終的には、3社から5社で競いあう

ことになりますが、ここで重要なことは

【何を比較されているのか?】

という客観的な視点です。

コンペで負けている会社の提案書には

負けている理由がはっきりとわかります。

提案書をつくっている人は、自分の主張を

「数多く書けばいい」

と思いがちですが、それではコンペで

通ることが少ないです。

見ている人は、毎回違いますので、判断する

人に合わせて、提案書をつくりあげることが

求められているのです。

まず、判断する会社、判断する人が誰かを

明確に分析することです。

それに合わせることが勝率アップへの道と

なるでしょう。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/