複雑に考えるのではなく単に接触するだけ

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 24 1月 2018 6:46 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3318投稿目】

 

どうしてシンプルなことを

難しく、複雑に考えてしまうのでしょうか。

 

難しくしてしまう、複雑にしてしまうことが

仕事だとカン違いしている人がいるのです。

 

経営は結果を出すために、どれだけ

最短距離を目指すかを競っているだけです。

 

最短距離を目指すには、複雑に考えるのではなく

シンプル

に考えることなのです。

 

シンプルというのは、楽なことを考えることでは

ありません。

 

無駄なことを削ぎ落として必要なことだけ

見ていくのです。

 

たとえば、営業活動。

営業担当者は、結果を出すために何が

必要なのか。

 

突き詰めれば、『顧客との接触回数』が

必要なだけです。

 

それが訪問でなくてもいいわけです。

接触できるツールであれば何でも

かまわないのです。

 

その点を見誤ると、訪問数を増やすことだけ

がんばったり、中には残業したり、

休日出勤することをがんばったりして

しまうのです。

 

それもわるくありませんが、やらなくても

結果を出すことができるのです。

 

仕事の中身をシンプルに見通せる能力を

磨くことはビジネスパーソンとして

優先されるスキルといえます。