業界ブランドのほとんどが消えた

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 15 12月 2013 9:09 AM

 

ジーンズ業界の話しです。

2013年11月にエドウィンが事業再生を

申請しました。

これでほとんどのジーンズブランドが消えました。

ジーンズ5大ブランドは、

エドウイン、リーバイス、ビッグジョン、ボブソン、ラングラー

と言われていた時代があります。

現在残っているのは、リーバイスのみ。

そのリーバイスも最盛期の売上の半分以下。

結局、ジーンズは、ユニクロなどのメーカーに

吸収されてしまったのです。

不景気という時代の流れでジーンズは価格重視で

購入されるようになりました。

すると、その価格帯でも大丈夫、と気がついて

しまったと思われます。

結局、残るブランドはひとつだけで、高級品

だけになってしまいました。

記憶しておきたい部分です。

 

【出典】

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131202/256571/?rt=nocnt

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/