定価販売率4割以下

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 26 7月 2017 8:01 AM

アパレル会社の定価販売率は70%

目標としているが実際は4割以下が実態といわれている。

これでは定価の意味がないわけですし、

消費者も見抜いている。

低価格アパレル会社の台頭でセールを余儀

なくされている百貨店などの小売業は

ビジネスモデルを変えられそうにない。

どちらも行き詰まり状態。

このような業界では新規参入の方が

優位性高く仕事ができるというもの。

今後も改変の風が吹く業界です。

 

【出典】

 

 

【3冊目の著書 】

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  goo.gl/HAPBVn (紀伊国屋)

  goo.gl/cDxzwM (丸善 ジュンク堂 文教堂)

   (三省堂書店)

    (旭屋書店)

目次をご覧になりたい方はこちらから。
  
「制作過程について」ブログに書いております。
  

著者プロフィールにつきましては

  

読者レビューページは下記になります。

  

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

——————————-

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 
1 / 11