タイムバンキング制度

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 20 3月 2017 8:52 AM

タイムバンキング制度とは

「時間」を流通単位とした経済システム

(相互扶助の仕組み)のこと。

具体的には、

「1 時間の奉仕活動に対し1タイムクレジットが与えられ、

受け取った者はこ のクレジットを使用してイベント参加や

インターネットカフェ、ジム、講座の受講等 地域内で他の

サービスを受けたり、他のメンバーから手助けを受けることが

できると いうもの」

である。

ようするに、ギブした時間分だけ他のサービスが受けられる

ということ。

目新しい制度ではなく、30年以上前から体系化

された内容である。

実際海外では、下記のような結果を出している。

「タイムバンキングを導入した地区では、

地域に人のつながりが生まれ、活力が増 し、

犯罪率が低下、人口の流出も止まっている」

(英国:ウェールズ)

日本でも地方で取り組まれている。

結果は良好らしい。

「中山間地に必要なのは共助を取り戻すことであり、

タイムバンキングがその有 効なツールであるという

可能性は本研究を通じ得ることが出来た。」

とある。

相互扶助が薄くなっている現代においては

タイムバンキング制度を核として「お互い様」の

つながりが広がるといえます。

他にも応用できる制度ですね。

 

 

 

【出典】

http://www.mlit.go.jp/kokudoseisaku/kokudokeikaku_fr8_000046.html

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/