仕事量が少ない時ほど残業が増えるのはなぜ?

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 15 12月 2016 8:00 AM

ビジネス

仕事は時間。

タイムマネジメントがすべてです。

しかし、短ければ良いとも言えないし

長ければわるい、とも決めつけられない。

結果と時間量を見て判断すべきなのです。

1)時間量 長い:短い

2)貢献度 多い:少ない

という2軸で判断するとわかりやすい。

時間量 長く、貢献度多い

時間量 長く、貢献度少ない

時間量 短く、貢献度多い

時間量 短く、貢献度少ない

という4つに分けることができるでしょう。

自分の仕事を上記4つのマトリックスで

分類すれば、自然に優先順位が見えてくるものです。

しかし、仕事の現場では、その優先順位を考えるより

がんばりの姿勢を見せようとするので、タイムマネジメント

どころではないようです。

たとえば

・結果が思うように出ない時

は、仕事量が少ないはずなのに残業が増えて

いくのが現実です。

売上成績のわるい営業チームだと

結果が少ないので事務処理も少ないはず。

それなのに、帰る時間が遅い。

成績が上がっていないので仕事時間で

がんばっているアピールをするのです。

これでは、時間の観点から考えれば

本末転倒。

理論と実践との乖離はこうした部分から

発生しているものです。

 

 

 

【出張時に撮影した空の写真が300超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/