長期休暇でできること

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 26 12月 2017 8:37 AM

 

そろそろ長期休暇に入った企業も
あると思います。
長期休暇は日頃できなかったことを
進めるチャンスです。

仕事面でもいつもはできないことに
時間を注ぐことが可能になるのです。

振り返れば私もこうした長期休暇に
1つずつ苦手なことを習得していった
記憶があります。

たとえば、経営者ならば理解の薄い
分野の見識を深めたり、
営業の人はマーケティングやウェブの
知識を深めたりするのです。

新しい資格について調べるのもいいでしょう。
単にパソコンのショートカットを覚えるだけでも
大きな進歩です。

溜まっていた書籍を読破するのもいいのでは
ないでしょうか。

身体と精神を休めるだけでなく
自分が納得するまで能力成長を優先して
みることです。

能力を開花させるのは宝クジを買うのと同じです。

やった人にしかチャンスはないのです。
ハズレる確率など考えても意味はありません。
チャンスの中に失敗という概念はもともと
存在しないのです。

その点を誤解せず年末年始を過ごしてほしいと
思います。

 

 

チャンスはピンチの様相でやってくる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 9 11月 2013 8:29 AM

 

仕事をしていると

「ピンチ」

が訪れることがあります。

しかし、常に考えるべきは

「ピンチを乗り越えた後」

なのです。

ピンチは、だれにとってもピンチで

あるので、乗り越えられない人の方が多い、

という事実を見るべきなのです。

乗り越えてしまえば、だれもそこには

いないかもしれません。

一人勝ちの世界が待っているかもしれないのです。

ということは、

【大きなチャンス】

でもあると言えるわけです。

こうしたマインドでピンチに挑めば

必ずといっていいほど、乗り越えられるように

なっていきます。

ちょっと遠い視点で挑むことなのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

チャンスはどこにでも転がっている

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 6 12月 2012 8:43 AM

 

ある会議で

「これ以上、どうしたらいいのか、わかりません」

「教えてほしいと思っています」

とリーダーの発言。

価格で、他社に負けることが多い、とのこと。

それは、ただの言い訳ですが、それ以上

何もアイデアが出ないようです。

まじめな性格の方に多い言動ですね。

「まじめにやっていて、どうしようもない状況だから

致し方ないのでは」

と開き直ってしまうのです。

残念です。能力を出し切っていない。

結果も出せない。

本人は不満足でしょう。

こんな時は、チャンスに気がついていないのです。

過去の成功体験がよりどころなので気がつかないのも

無理はないですね。

こうしたときは、フリーズせず、右往左往して

みるものです。

リサーチです。

顧客を知り、競合他社を知れば知る程

アイデアは無限に出てくるものです。

答えをすぐ求めることだけでは時代に追随する

ことはできなくなるので注意が必要です。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

異動や転勤はチャンスの機会

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第1章組織,経営の優先順位 | 木曜日 12 7月 2012 7:39 AM

 

景気が上向きになると企業は投資が

活発になります。

新しい支店や営業所を出すことを

考えたりするものです。

その時に重要なのは資金ですが、

もうひとつ欠かせないのが人材。

社内の人材の中で成長を期待し、

社長が異動・転勤について声をかける

ことがあります。

しかし、年代を問わず断られるケースが

目につきます。

社長の期待が大きい程、断られるのは

残念な気持ちが大きい。

「せっかくのチャンスなのに・・・」 

 というのが本当でしょう。

逆に、当人は

「なんで、私なんですか?」

と思いが強いのでしょう。

そこは、大きな期待をされていて、

成長のチャンスを与えられたと思って

とらえることです。

そこが人生の分岐点かもしれません。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/