最高級というネーミングのダウンサイジング

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 9 10月 2012 9:41 AM

 

 最近の傾向ですが、チラシや宣伝の

ネーミング

キャッチコピー

の表現が目につきます。

「・・・ランキングで1位!」

「最高級の・・・」

「最強の・・・」

「0000の実績!」

など、かなりギリギリのところで

勝負されているように感じます。

特に、今まで最高級の商品がなかった

ジャンルまで使うようになりました。

もともとの価格が低い商品などです。

その中で差別化をはかるためだと

思いますが、逆効果もあることを

意識しておくべき。

見ている人は、わかっているものです。

いったんオーバーな表現を使いはじめると

止めることができません。

一貫性が出ないからです。

一貫性がないものに信用はありません。

わかりやすい実績、結果を出していくことが

導入期には大切なこと。

忘れないでいたいものです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/