ヒアリング能力で成績がちがう

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 2 6月 2016 8:20 AM

営業さんの日報や週報などの報告書を

見る機会は多いが、その内容の差に

大きな差があることに気がつきます。

何がちがうのか。

それは、ヒアリング能力の差による

聞き出す内容の差のこと。

ある営業さんの報告書では、

・観察結果

が書き記されていました。

見て、気がついたことを書き出している状態。

いわゆる営業さんの一人前のレベルといえます。

その上の結果を出している方は、どうなのでしょうか。

報告を見てみると、会話形式のカギ括弧が多いことに

気がつきます。

お客様の声が直に書かれてあるのです。

「・・・・」と言われてました、と書いてある。

また、その内容が、『ここまで本音を聞き出しているんだ』と

感心するぐらいお客様をつかんでいる。

やはり、ここまでやる方ほど、成績は良い。

頭ひとつ抜き出ている。

マンネリで仕事している人は、ヒアリング能力が

伸びない。

どうやったら聞きだせるのかを常に考えて

工夫改善をしている人だけが到達できる境地。

こうした部分が営業の職人技といえます。

 【経営の本質を学ぶ1冊】
 『企業経営を学ぶ』組織運営の王道と新たな価値の創造 平居暉士著
http://amzn.to/1WGExtN

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/