フリーミアムとは

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 7 10月 2017 7:47 AM

一時期「フリーミアム」が話題に

なったことがありました。

コンテンツを無料公開してしまう方法です。

最初に無料で提供し、顧客を集め

収益を上げるタイミングを後ろにずらす

手法です。

しかし、

・誰に対して

・何の目的で

無料公開するのかを明確にしていないと

やってみ効果が薄い。

明確なターゲティングが必要なのです。

あとビジネスモデルをエンドユーザーからの

直接販売、直接課金、で成立させるので

その点も理解しておく必要があります。

 

 

 

 

————————————————————–

【6冊目の拙著 2017年10月3日発売】

『図解でわかる!伝わるプレゼン』(秀和システム)

————————————————————–

【5冊目の拙著 2017年9月発売】

図解でわかる!マーケティング』(秀和システム)

◆書店の在庫状況はこちらからご確認ください。
https://goo.gl/LS2H3T (紀伊国屋書店)
https://goo.gl/vtYpyb (丸善 ジュンク堂 文教堂)
https://goo.gl/KdCUQM (三省堂書店)
https://goo.gl/PDwJeH (有隣堂)

————————————————————–

【4冊目の拙著 2017年8月売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

 

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  https://goo.gl/VfGeGi (紀伊国屋書店)

  https://goo.gl/dxa3td (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/csS1Bt (三省堂書店)

  https://goo.gl/CR99DA (有隣堂)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

————————————————————–

【3冊目の拙著 2017年7月発売】

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

「そもそもこの計画、このメンバーで達成できない・・・」

と少しでも感じているのなら・・

 

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  goo.gl/HAPBVn (紀伊国屋書店)
  goo.gl/cDxzwM (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/V51AYZ (三省堂書店)

  https://goo.gl/HdeiXi (有隣堂)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

————————————————————–

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 
【講演の依頼については】

所有とレンタルの間

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 1 6月 2017 7:59 AM

米国サンフランシスコの会社事例。

https://drivecanvas.com/

月額452ドル(約5万円)で自動車を毎月更新するシステム。

保険、メンテナンス、保証、登録、サポート料を含んでいます。

月間の走行距離で料金が追加になる内容で

500マイル(約800km)まではプラス0

850マイル(約1300km)でプラス28ドル(約3,000円)

1,250マイル(約2,000km)でプラス59ドル(約6,500円)

距離無制限でプラス91ドル(約10,000円)

となっています。

月額料金も契約期間が長くなるほど割安になる

プランで6ヶ月契約だと月間422ドル(約46,500円)、

12ヶ月だと月間394ドル(約44,000円)まで下がります。

選択できる車種は2015年式の自動車で

https://drivecanvas.com/app/

で確認ができます。

まだ始まったばかりのビジネスなので継続するかは

わかりませんがビジネスモデルとしては

参考になる内容です。

こうした所有ではなく、今までのレンタルではない

プランが続々と出てくる時代になったのを実感します。

【出典】

https://drivecanvas.com/

http://techable.jp/archives/58660

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

こんな時代だからこそ、これがいいと断言する

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第2章事業創造 | 金曜日 25 5月 2012 7:49 AM

 

 経営者がビジネスをつくっていくとき、

クリエイターと同じ領域に入ることがあります。

それは、自分で考えたこと、創造したことを

「これが最もいいビジネスの形だ」

と断言しなければならないからです。

賛否両論、世間から、まわりからは言われるものです。

そんな中でも、このビジネスが最もベストだ、

と言い切らなければなりません。

クリエイターの領域と同じ、というのは、この

言い切る部分です。

何が正しく、何が正解かわからないところで

これがいい、と言えなければならないのです。

しかも、現在は何もしなくても情報が目に入って

きてしまいます。

その時に、心が揺らいでしまいやすい。

情報が多いせいで、ひとつに決めにくいのです。

だからこそ、絞りきった部分で、決定していく

ことが求められるのです。

言い換えれば、これが経営者の強さかもしれません。 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

ビジネスの発想は常に少数派

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第2章事業創造 | 火曜日 1 5月 2012 11:16 AM

 

 ビジネスの発想は常に小数派になること。

例えば、

業界が開放的、オープンな仕組みであるならば

【縛りのあるビジネスモデル】

を考えてみる。

 

逆に業界が限定的、縛りのある仕組みであるならば

【オープン化のビジネスモデル】

で考えてみることです。

 

決して、他社を見て同じことをやろうとしないこと。

同じことをやって上手くいくことは最近は少ない。

それより、逆に発想から顧客に響く内容を形成する

ことです。

 

事例をあげますと

アップルの成功は、限定的な世界をつくりあげたことに

よります。

それまで音楽プレイヤー、パソコンはオープンな世界でした。

規格に準じればどんなメーカーのものでも繋げられる、

取り込めるものだったのです。

アップルはあえて、逆行したのです。

iPodはiTunesとセットで、しかもそれしか繋げられない。

iPhone、iPadもしかり。

その中で完結させているのです。

iPhone、iPadは、Flashも捨ててしまいました。

ここまで限定的に絞る製品は他にありません。

単に絞っただけ、ととらえるのではなく、

その業界の特徴から、どうしてアップルが限定戦略を

選択したのかを考えるべきなのです。

 

自分の業界を見て、どちらに舵をきっていくのかが

事業の創造となるのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/