無礼ストーミングという手法

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 30 4月 2016 8:46 AM

ブレインストーミングは、新しいアイデアを

生み出す方法のひとつです。

会議の方法のひとつとも言われています。

集団でそれぞれがアイデアを出し合いながら

連鎖反応したり、アイデアに磨きがかかったり

相乗効果が出てくることを指しています。

ただ、それを実現するには、お互いがホンネで

話しをしなければ到達しません。

上下関係が厳しい組織では、いざブレインストーミングを

してみても、意見が出にくいという現象が発生します。

また、他社とのコラボレーションプロジェクトでも

同じです。

お互いの組織文化が違うので、どこまで言っていいのか

最初は戸惑います。

そんな中、枠を取っ払うことによって最初から

意見が出る会議にするために、ある会社では

「無礼ストーミングだ」

とネーミングしています。

なるほど、ですね。

無礼でも今回の会議は大丈夫なんだ、という

認識ができれば、ストッパーがすぐ外れるわけです。

ネーミングやスローガンは組織文化を一瞬のうちに

変えてしまうので、効果が大きい。

そこに組織のリーダーは気がついてほしいと思います。

 

 【経営の本質を学ぶ1冊】
 『企業経営を学ぶ』組織運営の王道と新たな価値の創造 平居暉士著
http://amzn.to/1WGExtN

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/