受注できるものだけ受注している営業マン

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 7 1月 2015 8:41 AM

 

案件に対して前のめりで『受注を取りに行く』姿勢が

営業パーソンには求められます。

しかし、中にはベテランにも関わらず

『受注できる案件だけ受注している』

としか見えない人がいます。

いわゆる、商売人になりきれてない人です。

ここで言う商売人というのは、受注までの

ストーリーを何通りも考えていて、最後まで

対等に話しができる人のことを指します。

ペコペコするわけでもなく、急な商談展開にも

焦らず対応できる人のことです。

 そのためには、事前に段取り、準備する範囲を

広げてもらうしかありませんね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/