日本のモノづくり世界一シェア製品群

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 11 1月 2014 8:32 AM

 

日本のモノづくりは製品によっては

世界の中で大きなシェアを占めています。

ある統計では、

デジタル一眼レフカメラはシェア100%、

内視鏡はシェア98%、

無段変速機CVT(自動車に搭載)はシェア94%、

乗用車のハイブリット車は91%、

撮像機器が89%、

事務用複合機でも80%

と出ていました。

マイナス部分ばかり記事になることが多いですが

プラス部分も見ていきたいですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

モノづくりの将来はどこに?

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第2章事業創造 | 金曜日 3 2月 2012 9:36 AM

 

 アセンブリ(組立て加工)の業界の業績が
芳しくありません。

そのためか、
モノづくりの危機
なんて言われてしまいます。

でも、本当なのでしょうか?

大手のメーカーの不振がすべてを
表しているのでしょうか?

細かく見ていけば、そうではないことが
分かります。

大手メーカーは、現在
家電、携帯電話などの分野で世界のメーカーに
遅れをとっています。

「魅力ある商品をつくることが
できなかった」、と記者会見で
言ってしまった会社もありました。

開発を国内に振り向けすぎだった
のが今になって、この結果となって
あらわれたのです。

その点、アセンブリではない、
素材メーカーは、競争力があります。

なぜなら、
素材製品の品質を作り上げるのに
数年かかっているのです。

韓国のメーカーも日本の素材、
材料がなければ何もつくることが
できません。

そこには、日本の強さがあるのです。

企業の経営は、
最終的には競争しか
残りません。

なぜなら、
顧客は一番いいものしか買いません。
二番手からは、ほとんど買いません。

この現実はそらすことができません。
逃げることもできません。

現在、モノづくりでは、競争力があるのは、

素材メーカー

であるわけです。

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/