「業界の景気が悪いんです」とリーダーが言えば

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 16 10月 2017 9:33 AM

 

リーダーが、「業界の景気が悪いんです」と

言えば、営業担当は安心することができる。

そう、業績がわるくても許されるからです。

会議でそのような発言されるリーダーが

いるのは事実です。

弱気な発言であり、後ろ向きな発言です。

論破することは可能。

景気が悪いことと自分たちの業績が

連動するかどうかを見極めればいいのです。

冷静に景気連動する範囲を考えれば

わかるものです。

ただ、感情的になっているときには

このような冷静な判断ができず思わず

口にしてしまう。

これが後々になって大きな影響を

与えてしまうのです。

リーダーの失言は取り戻すのに時間が

かかるのです。

たった一言で場面がかわってしまうと

いうことを自覚したいです。

 

 

————————————————————–

おすすめ書籍

50 代から実る人、枯れる人 
松尾 一也 氏
http://amzn.asia/81mn7XL

————————————————————–

【6冊目の拙著 2017年10月3日発売】

『図解でわかる!伝わるプレゼン』(秀和システム)

【5冊目の拙著 2017年9月発売】

図解でわかる!マーケティング』(秀和システム)

 

【4冊目の拙著 2017年8月売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

【3冊目の拙著 2017年7月発売】

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

 

————————————————————–

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 
【講演の依頼については】
ぱくたそフリー素材

愛と情熱があるからこそ

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 3 10月 2017 8:16 AM

愛と情熱。

仕事における愛と情熱についてです。

先日、経営者の方と語り合った時に

「愛と情熱が・・・」

と熱く1語られていました。

人と引っ張るリーダーには不可欠な部分。

純粋に情熱を語ることができる人が

どれだけいるのでしょうか。

情熱を語りつつ、でも自分がかわいい人、

仕事の愛を説明しつつ、自分をいちばん

愛している人。

語っている言葉に裏があっては

いけません。

そこを見抜かれる人がいるのでは

ないでしょうか。

考えていること、思っていることを

そのまま話すことです。

その内容が情熱であればいいのです。

熱く語るのを演技することでは

ありません。

語りたい言葉がたまたま情熱的だった

というのが正解です。

それまでは何も語らないことです。

 

 

————————————————————–

【6冊目の拙著 2017年10月3日発売】

『図解でわかる!伝わるプレゼン』(秀和システム)

————————————————————–

【5冊目の拙著 2017年9月発売】

図解でわかる!マーケティング』(秀和システム)

————————————————————–

【4冊目の拙著 2017年8月売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

 

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  https://goo.gl/VfGeGi (紀伊国屋書店)

  https://goo.gl/dxa3td (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/csS1Bt (三省堂書店)

  https://goo.gl/CR99DA (有隣堂)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

————————————————————–

【3冊目の拙著 2017年7月発売】

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

「そもそもこの計画、このメンバーで達成できない・・・」

と少しでも感じているのなら・・

 

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  goo.gl/HAPBVn (紀伊国屋書店)
  goo.gl/cDxzwM (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/V51AYZ (三省堂書店)

  https://goo.gl/HdeiXi (有隣堂)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

————————————————————–

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 
【講演の依頼については】

役職者になると、なぜかそんなことを言う

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 13 8月 2017 6:16 AM

肩書がついて役職者になると

途端に横柄になる人がいます。

役職者には権限がついてくるので

権限をすべて使おうとするからです。

日本では「優秀な人も役職者になると

バカになる」という論文が発表されて

いるくらいです。

面白い現象ですね。

私は社外の人間なのでいろんな

ところでこの現象を報告されます。

ここに書くこともできないような

ことも起こっています。

軽いものでいえば

「賞与の査定はわたしが・・・」

といった感じでしょうか。

途端に人の意見を聞かなくなる

こともあります。

上からも下からも意見を聞かなく

なる現象です。

前に

「わたしに意見を言わないでください」

とメンバーに言い放ったリーダーも

いました。

こうした態度が横柄になる人を見て

いつも思うことは

「自信がないんだな」

ということだけです。成績をあげている

リーダーにはあまり発生しないからです。

役職者になってストレスが増えているのも

わかりますがそこは自分自身の成長の

場面です。

乗り越えてほしいです。

 

 

【4冊目の著書 8月19日発売】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

 

【3冊目の著書 】2017年7月発売

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

「そもそもこの計画、このメンバーで達成できない・・・」

と少しでも感じているのなら・・

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  goo.gl/HAPBVn (紀伊国屋)

  goo.gl/cDxzwM (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/V51AYZ (三省堂書店)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

目次をご覧になりたい方はこちらから。
  http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/activity/books/z-pdca/
「制作過程について」ブログに書いております。

  https://goo.gl/47e3w8
  https://goo.gl/2dxJXb

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

——————————-

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

手の届く目標の方が・・・

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 4 8月 2017 8:24 AM

 

「手の届く目標にしました・・・」

「今年は成長ではなく現状維持で・・・」

と目標設定には設定理由が様々あります。

ただ、法則があるのです。

「目標を下げたら、結果も下がる」

「現状維持の目標設定にすると結果は

現状維持ではない(減少する)」

という法則です。

考えたらわかることなのに、

リーダーの方は考えていくと深みに

ハマってしまうのです。

人員などの戦力、環境などを考えていくと

どうしても弱気な目標設定に行き着くのでしょう。

こんな時は視野を広げることです。

視野を広げることで弱気な視点を強気へと

振っていくことです。

 

 

 

 

【4冊目の著書 8月下旬発売決定】

『図解でわかる!伸びる営業力』(秀和システム)

 

【3冊目の著書 】

「そもそもこの計画、このメンバーで達成できない・・・」

と少しでも感じているのなら・・

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  goo.gl/HAPBVn (紀伊国屋)

  goo.gl/cDxzwM (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/V51AYZ (三省堂書店)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

目次をご覧になりたい方はこちらから。
  http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/activity/books/z-pdca/
「制作過程について」ブログに書いております。

  https://goo.gl/47e3w8
  https://goo.gl/2dxJXb

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

——————————-

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

リーダーが慢心する時期にきた

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 26 5月 2017 8:21 AM

景気が右肩上がりで続く業界や会社に

発生する慢心。

とくに経営者やリーダーに慢心の兆候が

見られます。

以前は行っていたことをやらなくなるのです。

たとえば

・リーダー同士のコミュニケーション

です。

具体的には、会社の戦略を立案する場で

かわされるリーダー同士の深いコミュニケーションの

ことを指しています。

今までは深いところで突っ込んだ議論をしていた

のにもかかわらず、それが最近ではあっさりと

終わってしまう。

戦略も去年と同じことをやっているだけで

なんの変化もない。

これ、将来のことを考えれば危険な兆候です。

早期に気がつくことが優先です。

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

見抜かれるリーダーの悲哀

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 27 4月 2016 8:27 AM

リーダーは人をリードする、引っ張る

力が求められます。

これは、リーダー自身が力量を判断するのではなく

まわりの人たちが決めてしまいます。

「自分はリーダーとして、できている」

と自己評価しても何の意味もありません。

先日も、リーダーに対してスタッフの感想を

耳にすることがありました。

具体的なことは書けませんが、まわりの

人たちは、こうやって見ているのか、と

わかったわけです。

こうしたギャップや違和感は、企業経営の中で

だんだんとマイナスに響いてきます。

組織運営が破綻していくからです。

いつまで経っても人に恵まれない会社や

「うちの社員は働かない」

と言っている経営者の会社の現場には

こうした現象が起こっているかもしれませんね。

 【経営の本質を学ぶ1冊】
 『企業経営を学ぶ』組織運営の王道と新たな価値の創造 平居暉士著
http://amzn.to/1WGExtN

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/

数字あげないと言えないですからね

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 8 12月 2015 8:16 AM

ある営業リーダーの

「数字あげないと言えないですからね」

という言葉を最近、聞きました。

新しいスタッフが加入し、ひと苦労しているようです。

「言っても、やってくれない」

という嘆きだけで終わるリーダーも多い中、

やっぱり、数字をあげないと言えない、という

スタンスでいてくれることは見ていて安心できます。

通常は、自分のことは置いておいて都合よく

偉そうに言うリーダーが多い。

単に楽だからでしょう。

もしくは、リーダーだからスタッフに言うことが

仕事だとカン違い人もいるわけです。

そういえば、

「動いてくれません」

「やってくれません」

「◯◯が集まりません」

ともっともらしく、人のせいにして、

報告してばかりのリーダーを

思い出しました。

どのリーダーが成長するかは一目瞭然ですね。

 

【fjコンサルタンツ 公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/

 

リーダーが他人ごとのように語り出したら組織力は一気に低下する

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 10 7月 2014 6:41 AM

どうしてなのか、リーダーが

他人ごとのように 語りだす瞬間があります。

【他人ごと】

な表現であり、決して

【自分のこと】

のような内容ではありません。

「・・・は、どうなっていますか_?」

「・・・は、どうですか?」

と、当事者ではない位置から言葉を投げかける

ことを指しています。

端的に説明すると

「情熱」も「粘り」も感じない言葉であり

人ごと、他人ごとなのです。

遠慮している言い方とも言えますね。

とても同じ社内の人の言葉に感じないのです。

組織が大きくなるほど、この傾向は強いです。

大組織病として認識したい初期現象ですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

リーダーはメンバーを不幸にすることはできない

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 8 12月 2013 8:05 AM

 

 リーダーの仕事は、関わっているメンバーを

不幸にすることではない。

メンバーを出世させる、成果をあげさせること

だけなのです。

決して、不幸にすることは許されないのです。

このリーダーとしてのスタンスを理解しながら

行動し続けるには、ある程度の

【余裕】

が必要なのです。

感情的になってもいけないですし、

取り乱してもいけない。

忙しすぎてもうまくいかず

判断を間違えてしまうのです。

この【余裕】の取り方は、頭の良さとは

なぜか比例しない。

リーダーが余裕を見せると、下から指摘される

と思い込んでいる人もいますが、そうではない。

実際には、数字で見せればいいこと。

その恐さに余裕を持てないリーダーがいるのも事実。

この壁を越えていかなければならない。

なぜなら、リーダーはメンバーを不幸にすることは

できないから。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
(Google+)http://goo.gl/ulO8p
(Twitter)http://twitter.com/fujiwaratake
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

自分のやっていることをメンバーはマネをする

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 1 10月 2013 7:54 AM

 

リーダーは、自分が部署メンバーにしている

行動を逆にメンバーからされることがあります。

「重箱の隅をつつくようなことを言うんですよ」

と、あるリーダーがメンバーのことを説明していました。

聞いているこちらは、

「そんなことを言っているあなた(リーダー)も

そうしてますよ」

と言いたい状況だったのです。

鏡の法則、とも言いますが、やはり自分の行動は

それなりに跳ね返ってくるものですね。

しかも、自分がその局面に正面から向かうことになるのです。

そうすることによって、自分が気がつき、

成長していくと期待しています。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/
1 / 41234