来年のことはわからなくても5年後はわかる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 21 8月 2014 7:53 AM

経営について、来年のことは不確定かもしれませんが

5年後、10年後のことは確実に想像できます。

組織図を眺めながら、5年後、10年後を想像すれば

会社の様子がわかるからです。

30年後は、さらに正確にわかることもあります。

会社がある地域の人口動態から若年層が減少することが

理解できるはずです。

遠い将来と言いながら、実は遠くない現実なのです。

できることは、今からでも手を打っておくことは

経営では大切。

確実にわかっていることに対して、対応していくことが

求められますね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

不確実の中でどこまで決められるのか

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 28 7月 2013 8:11 AM

 

仕事は不確定の中で進むことが多いです。

不確定、不確実の中で

【判断】

【進める】

ことになります。

この時に、個人の遂行能力が問われます。

自分だけの判断で仕事を進捗させて

いく必要があるからです。

最近の傾向では、

【個人の判断】

ができる人が少なくなっているように思えます。

そのため、進捗スピードが異常に遅くなる

ことが出てきます。。

スピードよく仕事を進めるには、こうした

不確実の中で自分1人で責任を取りながら

決断できる人が求められるのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

不確実な未来に対して真摯に対応できる能力

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 3 6月 2013 7:50 AM

 

未来は不確実。

どうなるか、わかりません。

不確実な未来に対して人は

【すべてを捧げる】

ことに躊躇するものです。

しかし、ビジネスで世の中を変えたい、

世の中に貢献したい、と考えている人は

不確実な未来に対して

【真摯な態度】

で対応し続けるのです。

結果がどうなるかわからない状況においてでも

結果を信じて進み続けることができる人なのです。

そこには、

【見返りがないかもしれない】

状況が待っているかもしれません。

しかし、信じ続けて取り組み続ける自分を

もう1人の自分から眺めることができるのでしょう。

そうありたいと感じるこの頃です。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

まじめにやれば見えなくなるもの

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 12 10月 2012 8:24 AM

 

今は、

不確実な時代

と呼ばれています。

こうした時代において、何かをつかみとろうと

していても、予測する先に必ずあるとは限らないのです。

偶然、という概念を気にしておかなければなりません。

ここで参考になる内容を下記に記しておきます。

MITメディアラボ所長:伊藤穰一氏の言葉。

「おりこうな人間が集まって企画を立て、言われる通り

こなすちゃんとした人、ちゃんとした会社は、予想外の

ことやチャンスが周囲にあっても見えない、視野が狭い

んですね。今のイノベーションで一番必要なのは、クリ

エイティビティ(創造性)でしょう。」

http://goo.gl/k1fec 

こうした時代こそ、

今までに会ったことがないようなタイプの人と会う

自分の経験から遠い業界の人と会う

ことが大切だと言っています。

そこに大きなヒントが偶然という形であらわれるそうです。

人に会う機会が少なければ、読書の内容を変える、

行ったことがない場所に行く、ことさえも

価値があるわけですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/