異常な結束は不祥事の源

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 9 5月 2017 7:42 AM

人間関係は結びつきの強さによって

「断りにくい」

関係になります。

関係性が深いと、お願いされたら

NOと言えないのです。

会社では上下の結びつきの強い組織ほど

実は不祥事が起こりやすいのはそのためです。

このような組織は上司から粉飾を依頼されたら

下はNOと言えないのです。

不祥事を起こした企業には結束の強さが

共通して見られます。

結束は困難に立ち向かう、課題解決に向かう

ときには強い結束は有効ですが、マイナスのときは

マイナスに大きく作用してしまうので要注意なのです。

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

新人しか わからない領域

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 6 8月 2016 9:11 AM

不祥事が公になる前に社内で発覚している

ことが多い。

しかし、なぜか黙殺されている。

大企業に多いと言われるがそんなことはない。

30人以上の企業であれば同じようなことは

起こりえます。

気になる記事が出ていました。

三菱自動車の燃費測定方法の不正について。

「2005年、燃費測定方法が法規に従っていないとの指摘を

当時の新入社員から受けたが、放置していたことが明らかになった。」

新入社員が指摘していた事実をどう考えるのか?

新人でもわかるぐらいのことをしていたのに、

なぜ、先輩社員は黙っていたのか?

会社に指摘したのは、新人だけだったのはなぜなのか?

この現実が組織運営の実態。

2年目、3年目になれば、新人の時のような感覚は

失っていくと言われていますが、その通りです。

まわりに流される、もしくは環境に適応していく

ともいえるでしょう。

完全なる組織は存在しない、という前提で

経営をすべきということになります。

 

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/