頂いた量と与えた量

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 31 7月 2012 7:46 AM

 

植物の光合成は、光、水分などを得て、

酸素などを排出している。

これが人間にとっては重要なはたらきをしています。

 

では、ビジネスにおいては、どうでしょうか。

商品、サービスなどを提供し対価を受け取る。

 【提供した量】と【頂いた量】

この差を比べるのです。

お客様に対して、頂いた量より多くの提供が

できているのか?

それが重要です。

判断するのはお客様。決して自分ではありません。

 

個人でも同じ。人脈が続いている人とは、

【与えた量】> 【頂いた量】

となっているから人脈が続いているはずです。

こんな原則さえも、わからなくなってしまいます。

 立ち止まって考えるのは、このような視点なのです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/