こんな時代だからこそ、これがいいと断言する

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第2章事業創造 | 金曜日 25 5月 2012 7:49 AM

 

 経営者がビジネスをつくっていくとき、

クリエイターと同じ領域に入ることがあります。

それは、自分で考えたこと、創造したことを

「これが最もいいビジネスの形だ」

と断言しなければならないからです。

賛否両論、世間から、まわりからは言われるものです。

そんな中でも、このビジネスが最もベストだ、

と言い切らなければなりません。

クリエイターの領域と同じ、というのは、この

言い切る部分です。

何が正しく、何が正解かわからないところで

これがいい、と言えなければならないのです。

しかも、現在は何もしなくても情報が目に入って

きてしまいます。

その時に、心が揺らいでしまいやすい。

情報が多いせいで、ひとつに決めにくいのです。

だからこそ、絞りきった部分で、決定していく

ことが求められるのです。

言い換えれば、これが経営者の強さかもしれません。 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.businesscreation.jp/about/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/