予期していたことが早くも現実に

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 22 3月 2016 8:45 AM

人工知能が小説執筆をした。

それだけではない。

文学賞(星新一賞)の一次選考まで

通ってしまった、と報道されている。

つい先月、出版業界の知人から

「将来は人工知能が執筆するはず」

と聞かされていた。

出版社は人工知能に執筆させたいはずだ、という

読みである。

それが、早くも現実になりそう。

こんな小説家のテイストで執筆する、という

ことが人工知能で可能になるわけです。

コストが安く、量産できるのであれば

必ず人工知能執筆にシフトするでしょう。

それにしても、早い展開です。

 

【出典】

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160321/k10010451071000.html

 

【fjコンサルタンツ 公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/