人材採用は長期視点で考えるべき

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 28 7月 2012 7:29 AM

 

人材採用の結果が出てくるのは、

経営においては、おおよそ10年後になります。

先日も、そんな振り返りをしました。

今、活躍している人が入社した年次を振り返って

みたのです。

そうすると、8年から10年の歳月が経っていました。

ということは、現在取り組んでいる採用の結果も

10年後になるかもしれません。

そのときは、次世代の経営層メンバーになって

いるかもしれません。

企業の継続を考える上でも、そのくらいの長期

視点で考えなければならないこともあるのです。

ぜひ、社内の振り返りと今後の予測、計画を

8月に取り組んでいきたいところです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/