仕事をスポーツととらえる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 2 5月 2016 8:48 AM

仕事は、スポーツみたいなものとして考えると

わかりやすい点がいくつもある。

スポーツは、ルールがあり、勝敗が決まる。

勝敗は数値(点数)ではっきりと決まる。

時間制限があるのもスポーツならではである。

また、アマとプロが分かれているのも

明確な点である。

モチベーションを考えてみると、スポーツでは

「なんとしてでも勝ちたい」

とか

「負けて悔しい」

という感情も激しいものがある。

では、仕事も同じように考えてみれば

仕事ができる人は、仕事をスポーツのように

接しているのではないだろうか。

あきらめず、勝ちにこだわったり、負けに

悔しがったりする姿を見ていると

仕事=スポーツ

なのだと実感する。

20代に仕事を教える時に、スポーツに

たとえて話しをすると理解しやすい、と

言われた。

だったら、仕事への取り組みも、スポーツと

同じように、ちょっと距離を置いて

・慌てず

・冷静に

接すればいい。

短期間に成果を求めず

・基礎練習

をしっかり行い、基本動作を身につけること。

これが適切な間隔であり正しい感覚ということです。

 【経営の本質を学ぶ1冊】
 『企業経営を学ぶ』組織運営の王道と新たな価値の創造 平居暉士著
http://amzn.to/1WGExtN

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/