仕事が早いと結果が大きいのか?

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 8 3月 2013 6:14 AM

 

仕事をこなすには、早い、遅い、どちらが良いのか?

当然、早い方がいい。

効率が上がるからである。

では、

仕事の結果を最大限にするとき、仕事の

スピードは関係があるのだろうか?

答えは、

【当初は関係あるが、最大限の結果には関係がない】

になる。

最大限の結果には、こなすスピードでは、

左右されない領域だからである。

そこに必要なのは、

【何をしないのか?】

という戦略にほかならない。

リーダーになった時にそのことが理解できる

はずです。

自分1人の結果ではなく、部門、部署の成績を

最大限にするには、自分1人の仕事スピードは

関係がほとんどありません。

自分が何をしないのか?

を考えるべきなのです。

最大限という極端を目指すには、すべてを

変えなければならないのは、そのためです。

目先のとらわれのひとつ、「仕事のスピード」から

脱却することです。 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/