臨界点を越えると問合せが入る

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 18 2月 2018 9:12 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3343投稿目】

いわゆる集客を目的とした集客企画は

マンネリ化しやすく、成功体験に溺れる

こともあります。

 

ただ集客は経営の生命線なので最優先で

取り組まなければならない分野。

 

先日も、あるミーティングで

「それじゃ、お客様は来ないでしょ」

と指摘しました。

 

もともと集客が減っている時に

集客企画を繰り出していきますが

そんな時ほど、マンネリ内容に

なってしまっているのです。

 

プレッシャーがかかるほど企画内容が

【つまらない】ということ。

 

そんな時には

「もっと遊びゴコロを出して」

「さらに増やして」

と煽っていきます。

 

「そ、それだと利益が・・・」

というストッパーもあるので

「試してみれば」

「期間限定でやってみれば」

「数を限定して取り組めば」

と進めてしまうのです。

 

そうすると、

・この程度の企画内容なら

・これぐらいの量なら

・この内容のオファーなら

お客様が集まることが体験し

理解できるのです。

 

先月、ある販促企画をやったところ

「いつまでやっていますか?」

とお客様から問合せあり、担当者も

【顧客の臨界点】をはじめて納得しました。

 

こうした成功体験が

・自発的思考

へと移行し、急激な成長へのきっかけに

なるのです。

 

ここまで来れば、今後の成長が大きく

期待できるというものです。

 

 

 

幅広く受け入れられるコンテンツ

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 27 7月 2017 7:59 AM

エンドユーザー向けに商品やサービスを

つくるときにストーリーが求められる

時があります。

そんな時の内容は

——————————-

恋愛、青春、ファミリー、

健康とお金

——————————-

が鉄板ネタと言われています。

いわゆる関心がある部分が

この5つということです。

こうした鉄板ネタを入れておくと

大きく外すことはありません。

 

 

 

【3冊目の著書 】

『図解でわかる!回せるPDCA』(秀和システム)

書店の在庫状況はこちらからご確認ください。

  goo.gl/HAPBVn (紀伊国屋)

  goo.gl/cDxzwM (丸善 ジュンク堂 文教堂)

  https://goo.gl/V51AYZ (三省堂書店)

  https://goo.gl/TJf6RF  (旭屋書店)

目次をご覧になりたい方はこちらから。
  http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/activity/books/z-pdca/
「制作過程について」ブログに書いております。
  https://goo.gl/2dxJXb

著者プロフィールにつきましては

  https://goo.gl/Crenmz

読者レビューページは下記になります。

  https://goo.gl/WvKg9m

◆Facebookページ

  https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp/

——————————-

【fjコンサルタンツ メールマガジン】

週1回程度の不定期通信。無料。
経営に関する視点を幅広いジャンルの中から厳選して配信いたします。

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/mailmagazine/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

売れるのに時間がかかります

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 29 6月 2017 8:01 AM

新商品発売についてある会議での話です。

新商品を扱いはじめた営業さんが

「この商品は売れるまで時間がかかるんです」

と説明していました。

「この商品、興味を持たれるお客様はいるんですが・・・

なかなか受注までは至らないのです」

とさらに説明は続きます。

これ、説明というより言い訳。

このような言い訳には反論しないことに

しています。

だれかが新商品を売った実績が出れば

静かになるからです。

「売れるのに時間がかかる」と言った彼、

どうなったかといいますとその日に別の方が

新商品の受注を複数してしまい、会議で言った

内容が恥ずかしい内容になってしまいました。

仕事はできないことに執着するのではなく、

結果だけにフォーカスすることです。

 

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

気づいて考えて比べる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 19 4月 2017 7:14 AM

企画を立案するために必要なことは

なんだろうか?

そんな時、

・き:気づいて

・か:考えて

・く:比べる

という「き・か・く」の3原則があります。

リサーチしながら、データ分析しながら

気づくことからはじめる。

気づいたことを並べていくと、そこから

わかる裏側を推測することになる。

裏側だけでなく将来の予測もしたり。

その考えた内容を、実際の競合他社と

比較することにより、方向性が

まちがっていないかを確認できる。

この一連の流れを「き・か・く」3原則と

なるわけです。

覚えておきたい流れですね。

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
 

ビジネス企画書をつくるときに知っておくべきこと

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 17 11月 2016 9:20 AM

ビジネスの企画書をつくるときに

知っておいてほしい事を書いておきます。

A4サイズ1枚でまとめるのを基本として

まとめます。

まとめ方を知る前に振り返っておくこととして

自分の頭の中にある企画をいかに忠実に

再現するかがカギになります。

頭の中では、すでに【結論】が出ています。

結論が出ると、なぜか最初の思考プロセスが

飛んでしまいます。

そのため、

「これ、すごい企画なんです」

と結論だけで企画書をまとめてしまう人が多い。

もう一度、振り返りながら企画書を作成すべき

なのです。

・どうしてこの企画を考えることになったのか

・何が課題だったのか

・何を解決したかったのか

から入り

・投資コストと結果

がはっきりしていることです。

投資コストは、金額だけに着目せず時間概念も

コストとして計算することが求められます。

仕事は、時間をお金にかえる作業とも

言えるのです。

時間概念が抜けている企画書では結果は出ません。

はずしてはいけないポイントとして

覚えておくことです。

 

 

 

 

【おすすめ書籍】

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/