会社の規模をカン違いしている

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 23 4月 2014 8:18 AM

会社の規模を比較する時に

【売上高】

で比較する方が多いです。

しかし、これは、正解であって正解ではない。

というのは、会社ごとに

【粗利率】

が全くちがうから。

売上高3億円で粗利率50%だと粗利額1億5千万円。

同じ粗利額だが粗利率が25%だと売上高は6億円。

実に倍ちがう。

しかし、会社の規模は、実はほぼ同じ。

売上高が少ないから、

「ウチの会社は他と比較しても小さい」

と思い込んでいる経営者も多い。

しかし、その意識で経営すると実に

【諸問題が発生】

してくる。

その理由が、

「会社の規模をカン違いしているから」

というもの。

本当は、会社の規模が小さいわけではなく

すでに大きいのです。

そのため、組織構築も意識以上のことが

求められているのです。

この視点を持つことは、難易度が高いですが

ぜひ持ちあわせてほしい視点ではあります。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/