価格感覚のズレ

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 13 9月 2014 8:53 AM

価格は、「どう感じるか」によって

高いと思うのか、低いと思うのか

はたまた、全く感じないのか、になります。

「まあ、買ってもいいかな」という感覚が

【値ごろ感】

であって、そこを見極めることは難しいと

されています。

今回、iPhone6が発表されました。

本体定価が7万円台〜9万円台になっております。

しかし、24ヶ月分割(縛り)なので、定価価格を

気にする人は少数でしょう。

しかも、他の商品の比較もしないでしょうね。

この価格帯だと、ノートパソコンと同じか

ノートパソコンより高価な商品価格帯なのです。

場合によっては、iPhoneを購入するより

Appleのノートパソコン(MacBook air 88,000円)

の方が安価になるケースもあるのです。

ただ、iPhoneはiPhone。

そこは、価格比較を顧客がしないことを知っているので

こうした価格帯を定価としているのでしょう。

全くもって、価格は感覚としか言えない事象です。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/
【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/