働き方革命は働く人にとっては厳しいことになる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 5 2月 2017 8:38 AM

世の中に求められている「働き方革命」。

同一労働同一賃金、週休3日、副業などが広がっています。

特に労働時間短縮(残業時間減少)は大手から随時

定着しているように感じます。

ただ、この働き方革命は社員の方にとっては厳しい状況に

おかれます。

というのも、時間制限がある中で仕事の成果を出さなければ

ならなくなったからです。

経験が乏しい、能力が劣っている時、時間でカバーすることが

できたのが、今後は不可能なのです。

制限時間内で成果を求められると、単に「能力差」だけが

浮き彫りになってしまう。

そんな環境ばかりになることを予測しておくことです。

自己成長のために会社が時間を取ってくれることも減るでしょうし

先輩や上司が就業時間内に教えてくれることもなくなるかも

しれません。

ということは、「意思」の強さを問われることにもなります。

ますます、能力の二極化がはっきりすることでしょう。

 

 

【出典】

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12421300R00C17A2NNS000/

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/yusen/